一番良いのは過去から学ぶ事です。
つりともにおいては、貴方の迷いや、悩み、降り掛かった出来事は、必ず誰かが似たような経験を既にしています。

貴方のタダで代わりにモデルケースを作ってくれているのです。
いい結果なら模倣し、悪い結果なら同じ轍を踏まないように出来ます。

サークルに関しては、良い選択をするという焦点より、間違った選択をしないという焦点に、フォーカスした方が良いと思われます。

実際あった前例の結果で説明しましょう。
印象深く覚えているサークルを書きます。

「大物狙い」

よくよく聞いたら、オーナーが高校生。
黙っていれば良かったのに、それを話した時点でアウト。

一気にメンバーの心が離れた。
当然、大人を束ねる器もなかった。

サークルは例外もありますが、優秀なメンバーから順に辞めていきます。

ご多分に漏れずそのパターンで、少しずつ人数が減り自然分解した。

「のぶたのつり」

オーナーは相当な器量持ちだったが、結婚を期に引退状態。

サークルメンバにお願いされ、サークル解散を断念、これが大きな失敗だった。

オーナーがほぼ不在となり、求心力失ったサークルは、坂を転げ落ちるかのような没落。

トップサークルのままで、ラストを飾った方が絶対良かったという個人的意見ではなく、
サークルがある事により、移籍し損なった当時最高レベルのメンバー達が、あっという間に取り残された事が大失敗

「某サークル」

潮の変わり目に気付かなかった。

サークルランキングから、回遊魚に移ったのに、サークルとして一切取り組まなかった。

個人主義に走り、「ありがとう」のチャットにすら、誰も反応せず返信しなくなった。

やがてメンバーが減り始め、人数に困ったらしく、日本語理解できるか不明な外人までメンバーにした。

上の3つは当時トップサークルです。
共通点がありますね。
小さな失敗を沢山して、後に致命的な大きな失敗をしている。


あと1つ熟考する価値の有るサークルあります。
こちらは初代は微妙ですが、以降はすばらしく、ラストも綺麗です。

「創作隊」(後に創作隊Genesisに)

初代のかず君は最初頑張っていたけど、途中からダイアリーに小説書き始めて、メンバーが反応に困った。

2代目は大器。
トップサークルにまで成長した。

3代目から創作隊Genesisになり、2代目以上の器でトップ5に入れるくらいのサークルまで成長させた。
創作隊Genesisは、3代目の達也さん引退で解散。

ここまでの事実の羅列でわかったと思います。

つりともにおける、サークルの栄華や没落は、たった1人のオーナー(リーダー)によりほぼ決まる。

つりともちゃんねるは他にも、沢山のサークルを見てきました。
この結論は、時間経過でより強固になってきています。

極論そのサークルがどんなサークルか、オーナー見たら想像できます。
そのサークルの器は、そのサークルのオーナーの器量より大きい事はないです。

サークルはオーナーそのものと言っても良いでしょう。


本物のオーナーは格が違います。

圧倒的な存在感と、コイツさえ一緒にいたら大丈夫!
任せたら必ず何とかしてくれるという無敵感。

別のサークルを作ったとしても、2ヶ月もすれば75人のサークルを作っているでしょう。

オーナーが凄い。
この要素が満たされているなら、そのサークルは遅かれ早かれトップサークルになります。
そう運命付かれていますし、そう成らざるを得ないのです。

オーナーの皆さんは自覚しましょう。
今のサークルの現状は、ほぼ貴方1人の意思決定と、選択の結果です。


1つおこがましくも助言するならば、大きな失敗を回避したいなら、小さな問題を放置しないことです。

小さな問題を放置すると、小さな失敗になる可能性があります。
小さな失敗が積み重なると、問題がデカくなり大きな失敗に繋がります。

 

以前このような話を聞きました。

〇〇〇〇というサークルで、AさんとBさんの仲が悪いのでは?という話をオーナーが聞いたそうです。

理由を情報通のメンバーに聞くと、Aさんが偶然大部屋でBさんに会ったようで、挨拶したら無視されたと・・・

後に解った話では、Bさんはその時サルベージをしていて、挨拶に気付いてませんでした。
そして運悪いことに、サルベージ後は左上の☓でログアウトしました。
残っているであろう、チャットを確認していなかったのです。

その後Bさんはすぐ異変に気付きました。
Aさんが自分にだけ挨拶をしない事に。

2人は段々お互いを避けるようになり、孤立を恐れお互いが自分の味方を確保しようとしました。

最終的には同じサークルでA派閥とB派閥に別れて、互いが干渉しないという風になったらしいです。

これはよくあるケースで、似たような話は読者の皆様も聞いた事あると思います。

最初の時点でオーナーが仲裁すれば良かったのです。
誤解だからいずれ解けるだろうと放置したのが間違い。

その後でも、Aさん!Bさんはその時はサルベージしていたんだよ!と言えば、良いでしょう。

その後でも、Aさん!Bさんを無視するな!挨拶しよう!と言えば、良いでしょう。

その後でも、Aさん!Bさんを避けるな!Bさん!Aさんを避けるな!と言えば。良いでしょう。

 

オーナーは小さい問題放置せず即座に解決しましょう。

 

サークルはオーナーそのものならば、サブリーダーやその他のメンバーは一体何だ?という説明は、次回以降この記事の反応により載せます。