竿は5本、仕掛けは9個が機海専用の道具です。

仕掛けから見ていきましょう。

【ノアの箱船】

わかりやすく仕様が極めて似てる、冥界と同ジャンルを並べてみました。

アルティメットに進化できないURの仕掛けです。

この仕掛けはおそらくヌシがドロップしますが、この仕掛けがないと当面ヌシ自体が釣れないと思います。
つまり最低1個は交換しなければなりません。

今すぐ交換して大丈夫です。

【機海ハンター】

アルティメットに進化できる仕掛けです。

1タップで2コンボのボーナスは無くなりましたが、代わりに竿パワーのボーナスが付いてます。

ダメアップ効果も冥海と同じです。

アルティメット進化後100レベルにすると、スキルが付与されます。

これが厄介かもしれません。
大きく変更しています。

色の無効化が文言から消えています。

つまり、皆さんが考えてた「竿1本だけ作って、後の4色は貫通でやればいいや」という思惑は考え直す必要が出たかもしれません。

【アーティーファクト】

笑ってしまうほど似てます。

1タップで2コンボボーナスを無くした代わりに、こちらは総ダメのボーナスを上げてます。

こちらもハンター同様、アルティメット進化後100レベルにすると、スキルが付与されます。

スキルストッパーに関しても、より効果を強くしてます。
機海大物のスキルは、それほど強力ということでしょう。

【機海の創世】

竿レベル毎のダメージを2倍から5倍にしてます。

冥海の魚より、体力を上げてるということでしょうね。

【機海全書】

冥海全書と全く使い方は同じです。


追加の仕掛けはこれでおおよそ把握できました。

機海は冥界と仕掛けの仕様は酷似しています。
使い方は冥界をなぞれば大きな失敗はしないでしょう。

ただ、1つ注意点は貫通がなくなり、専用竿1本200にし、あとはハンターで何とかしようという策が出来ないかもしれないという事です。

この一点が冥海との最大の変化でしょう。

ここは少し頭をひねり考えましょう。

次は竿とその他を見ていきます。